WINEP

-植物鉄栄養研究会-


NPO法人
19生都営法特第463号
転載希望時は連絡先まで

植物鉄吸収機構の説明>>
Fe Uptake Strategy I
Fe Uptake Strategy II

新着情報

鉄ホメオスタシスの制御のために転写因子(OsFIT/OsbHLH156)はOsIRO2と相互作用する

Date: 2021-10-23 (Sat)

高井康雄先生余話

Date: 2021-10-20 (Wed)

X線顕微鏡により、植物の細胞、組織、器官のマルチスケール・高分解能・3次元(3D)画像化が可能である

Date: 2021-10-13 (Wed)

Rahnella aquatilis JZ-GX1の揮発性産物による植物の鉄吸収促進

Date: 2021-10-08 (Fri)

アラビドプシスにおいて鉄ホメオスタシスを維持するためにIRON MANはBRUTUSと相互作用する

Date: 2021-10-04 (Mon)

イネの亜鉛吸収時のファイトシデロフォアの運用法について

Date: 2021-10-02 (Sat)

合成ファイトシデロフォアアナログ、proline 2′ deoxymugineic acidは双子葉植物によって効率的に利用される

Date: 2021-09-22 (Wed)

シナプス様顆粒のNPFトランスポーターは鉄と銅の種子への分配を制御する

Date: 2021-09-21 (Tue)

DNAのメチル化はイネ(Oryza sativa)の鉄欠乏順化に関係している

Date: 2021-09-06 (Mon)

ヒストンH3リジン4のトリメチル化によって制御されたGRF11遺伝子発現はアラビドプシスの鉄欠乏応答に必須である

Date: 2021-08-20 (Fri)

日本土壌肥料学会2021年度北海道大会が開催されます。  鉄栄養に関する研究ついて、表題と著者名を紹介します。

Date: 2021-08-18 (Wed)

IRT1輸送体−レセプターによる金属センシングはそれ自身の分解と植物金属栄養を指揮している

Date: 2021-08-12 (Thu)

IRONMANは環境pH と協奏して鉄欠乏応答を調律する

Date: 2021-07-22 (Thu)

鉄欠乏オオムギの旧葉の初期老化が根からのムギネ酸類の分泌に貢献しているのかもしれない

Date: 2021-07-18 (Sun)

イネの鉄含量増強:QTLと候補遺伝子群の最新版

Date: 2021-07-09 (Fri)

バイオインフォ―マテイックスの手法を用いたイネの鉄過剰応答機構に関係する新規のシス制御配列とプロモーター構造の解明

Date: 2021-07-02 (Fri)

イベルメクチンがブラジルでCOVID-19にたいして効果があるという臨床例

Date: 2021-06-26 (Sat)

師管伴細胞でのAtIRT1遺伝子の特異的発現は、地上部組織での鉄の移行に対する役割を示唆している

Date: 2021-06-25 (Fri)

アラビドプシスのエチレン非感受性変異株ein2-1 と ein2-5のいくつかの鉄欠乏応答性

Date: 2021-06-10 (Thu)

師管を経由して移行・移動するRNAの長距離輸送

Date: 2021-05-20 (Thu)