WINEP

-植物鉄栄養研究会-


NPO法人
19生都営法特第463号
転載希望時は連絡先まで

植物鉄吸収機構の説明>>
Fe Uptake Strategy I
Fe Uptake Strategy II

新着情報

コムギのランドレースであるChinese Spring(チャイニーズ・スプリング)種における穀物中の亜鉛および鉄濃度のQTLの分子生物学的特性解析

Date: 2024-07-03 (Wed)

「はかた地どり」の胸肉が「機能性表示食品」として受理(2019年 9月 11日)された経過

Date: 2024-06-17 (Mon)

水芭蕉の熱発生スパディックスにおける遺伝子発現と代謝物レベルの収束

Date: 2024-06-16 (Sun)

イネおよびコムギの干ばつに対する光合成の応答を決定する土壌-根界面透水係数

Date: 2024-06-15 (Sat)

鈴木梅太郎博士論文集 第一巻 植物生理の研究

Date: 2024-06-09 (Sun)

鉄欠乏に誘導される小さなタンパク質 OLIVIAとそのbHLH 転写因子POPEYEとの関係

Date: 2024-05-20 (Mon)

無機または有機鉄濃度の異なる飼料を与えたアメリカナマズ(Ictalurus punctatus)における血漿および組織のフェリチン、トランスフェリン、トランスフェリンレセプターIおよびIIの遺伝子発現

Date: 2024-05-16 (Thu)

必見! 第3版 アグロエコロジー 持続可能なフードシステムの生態学

Date: 2024-05-09 (Thu)

板書の丸写し 本当に必要なのか

Date: 2024-05-07 (Tue)

コメント: トウモロコシの鉄分強化: バイオフォート化の画期的な進展は、鉄欠乏症との闘いに有望である

Date: 2024-05-02 (Thu)

宇宙農業に向けての解説文 2編の紹介

Date: 2024-04-26 (Fri)

総説:不均質環境における地下植物の適応戦略を支配する栄養-栄養相互作用

Date: 2024-04-11 (Thu)

高濃度CO2に対する植物の応答は遺伝性であり、DNAメチル化によって制御される

Date: 2024-04-10 (Wed)

マイクロバイオームの収束により、シデロフォア分泌根粒菌がトウモロコシと間作されたピーナッツの鉄栄養と収量を向上させる

Date: 2024-03-31 (Sun)

IMA1の空間的な制御はMAMPを認識することにより根による鉄獲得を制限する

Date: 2024-03-19 (Tue)

イネの熱波下における鉄ストレス耐性は、光防御機構と光蒸散量の増加が鍵である

Date: 2024-03-05 (Tue)

OsNAS2のシス制御エレメントのCRISPRによるプロモーター編集はイネにおけるZnの取り込み/トランスロケーションと植物収量を増加させる

Date: 2024-02-27 (Tue)

ヒ素ストレスを受けたイネ(Oryza sativa L.)のOsWRKY71を制御することにより、鉄は根系構造を再プログラムする

Date: 2024-02-22 (Thu)

液胞トランスポーターOsVIT1とOsVIT2はイネのカドミウム蓄積を減少させる

Date: 2024-02-15 (Thu)

総説:アラビドプシスのbHLH転写因子

Date: 2024-02-13 (Tue)